水分補給

ニキビを潰してはいけないメカニズム

ニキビが出来た時に指で潰すと、その後赤い後になってきれいに治れば良いのですが消えないシミのようなものになってしまった経験はありませんか?
ニキビは無理に潰したことによることで、その後太陽の下に行き日光を浴びてしまうと消えない痕になってしまいますがこれは色素沈着の為なのです。
こうなってしまうとちょっとやそっとでは治らないしみになってしまうのでニキビが出来たときにはクリームなどで、ケアして絶対に潰さないようにしましょう。

また常にニキビができやすく、出来てすぐに潰す人がいますがこれは治った後にも顔にしみになってずっと残っている人も居ますので気をつけましょう。
それからニキビは顔の余分な皮脂からも出てきますので、予備軍を見つけたらすぐにクリームや軟膏を塗るようにしたいものですね。
ニキビは小さいうちに治すことで、簡単に治せることを知っておくのも大切なのでそのことは予備知識として、知っておいたほうがいいでしょう。

ニキビが大きくなってくると、つい自分でも気になって潰したくなるものですがそこは我慢してしっかり専用クリームやケアによって治すようにしたいですね。
このように綺麗に治すためには、潰したりしないでゆっくり治していくほうが綺麗に痕ができずに治せるのです。

※参考:ニキビ対策と水分補給について
※参考:塩で洗顔!?その効果とは